11/19/2017

エクアドルのインターナショナルスクール

本日はエクアドルの学校について....
義務教育は、公立学校は日本同様無料。
それでも、子供を学校に行かせないで、路上販売で子供が
働いている景色はよく目にします。

そして、私立の学校も多く、
各国インターナショナル・スクールもあります。
キトやグアヤキルの日本人学校は、残念ながら今では
日本人の子供が減り、土曜日の補習校しかありません....

<参考>

私の子供の学校について考えるようになりまして、
今は2歳、地元の保育園に入れていますが、
3-4歳になるとインターナショナルスクール付属の
プレ・キンダーの学校に入れることができるようになります。

フランス、ドイツ、英国、米国のスクールが充実しており、
もし、インターナショナルスクールに入れるとしたら、
6歳からの小学校の授業についていけるよう、
3−4歳のプレキンダー、もしくはその後6歳までの幼稚園は
その付属のところに入れた方が、言葉の問題もありません。

今でも、年3ヶ月ほど日本にいるので、
その間に日本語は勉強してもらえればなー。
と思っています。

本日は、日本人の生徒もいる、
あるアメリカンスクールの、公開授業があったので、
参加して来ました。
いつも通過している場所なのに、こんな学校があったなんて..
セキュリティーの観点で、
外は大きな屏で覆われ、全く外からは見えない学校が
多いです。


体育館には、現在この学校に通っている生徒の
国の旗がずらり、35カ国の国籍の学生が通っているんだそう。


3歳のプレキンダーから入学するとしたら、
急がなければなりません...



中南米・訪日旅行 旅のアレンジ by
SUR Experience (スール・エクスペリエンス)
Facebook: surexperience / Twitter: SURJAPON / Blog: sureperience
お問い合わせ info@surexperience.net

11/17/2017

「La Fête (ラ・フェテ)」チリのチョコレート〜お客様からの嬉しいお心遣い

少し前の話になりますが...
お客様からの嬉しいお心遣いを頂きました。

キトの市内観光をされた後、夕食をご一緒させていただいたのですが、
お土産に、チリの高級チョコレートを頂きました。
まだまだ、日本人感覚が抜けず、
チップをもらうのに抵抗がある私を気遣っていただいた様で、
この袋の中にチップも入っておりました。

このチリの有名チョコレート店の「La Fête (ラ・フェテ)」、
実は出会いは2014年。
ブエノスアイレスからサンチャゴへ向かう飛行機の、
たまたまビジネスクラスで出されたチョコレートが、
こちらのものでした。
とても美味しかったので、その後ウェブサイトで調べたのを
思い出しました。



日本人の繊細の心遣いに、感動。
また、きめ細かな丁寧なサービスを忘れずに頑張ろう!
と改めて思った一日でした。


「La Fête (ラ・フェテ)」のウェブサイトはこちら
https://www.lafetechocolat.com

中南米・訪日旅行 旅のアレンジ by
SUR Experience (スール・エクスペリエンス)
Facebook: surexperience / Twitter: SURJAPON / Blog: sureperience
お問い合わせ info@surexperience.net





11/16/2017

車探しの途中で見つけた、海岸地方メニューの朝食レストラン

いよいよ、車がなくては不便になり、

車購入をしたいのですが、エクアドルでは税金が高く、
車体価格は、日本の50%-30%割り増し...。
2-3年使用された中古車はぐっと料金も下がるということで、
時間が空いた時に、探しに出かけております。

写真は、「Feria de Auto (フェリア・デ・オート)」。
売りたい人が直接車を持ち込んで、売り込みます。入場料3ドル。
買いたい人は、直接交渉。

結構年数が経っていても、ピカピカに磨いてあって...綺麗に見えます。
全く、車のことを知らないので、中古は少し怖いなー。
高くても新品の方がいいと思ったり、手数料払っても、
中古ディーラーで買った方がいいなと思ったりしているところです。

そんな、車物色途中で見つけた、
典型的なエクアドル海岸地方の朝食を提供するレストラン
「Verde Laña (ベルデ・ラニャ)」レストラン


プラタノ・ベルデという調理用バナナを使ったメニュー。

お庭には、ちょっとした子供の遊び道具もあって、

一息つけるレストラン。
でも、一歩外に出れば、交通量の多い大きな道路...
なので、お子様連れはご注意を。


中南米・訪日旅行 旅のアレンジ by
SUR Experience (スール・エクスペリエンス)
Facebook: surexperience / Twitter: SURJAPON / Blog: sureperience
お問い合わせ info@surexperience.net

11/11/2017

手打ちパスタ「La Briciola(ラ・ブリシオラ)」:美味しいパスタを求めて No.2

前回の、記事に引き続き、
家の近くにある(Swissotel Quito スイスホテル・キトの近く)、
(キトでは)美味しいイタリアンレストランをご紹介。
「La Briciola(ラ・ブリシオラ)」
以前は住宅街の中の、一軒家でしたが、
2-3年前に3階建てのビルを新築し、こちらに移転しました。
2年前の在エクアドル日本大使 送別会 も、このレストランで
開催されたのですが、パスタが美味しいのは見逃しておりました..
ラビオリから、ショートパスタまで種類も豊富。料金も良心的です。
ウェイターのサービスも(キトでは珍しく)とてもいいです。
コーテシアの、前菜やパンも美味しく...客席も広々。
最後にこちらもコーテシアで出てくる、コーヒースムージーも絶品です。

ピザやお肉も美味しいですが、この日は全てパスタ尽くし。


全て美味しゅうございました!
やっぱり、お肉も頼みました...キノコのリゾットも、
きちんとレアに仕上げた柔らかい牛肉も...
幸せな気持ちになるレストランです。。




中南米・訪日旅行 旅のアレンジ by
SUR Experience (スール・エクスペリエンス)
Facebook: surexperience / Twitter: SURJAPON / Blog: sureperience
お問い合わせ info@surexperience.net

11/10/2017

手打ちパスタ「ewe」:美味しいパスタを求めて No.1

エクアドルでは、なかなか美味しいアルデンテのパスタに
出会えない..
スーパーでも、乾燥パスタコーナーはいろんな種類があります
が...セモリナ粉を使っていないのか、小麦っぽいものが多く、
レストランでも、ゆるゆるに茹でたれたパスタが多い。

そこで、キト郊外のクンバヤ(Cumbaya)という場所に、
手打ちパスタの美味しいお店があると聞いて、
行ってみました!

お店の名前は「ewe」。外観はこんな感じ。
オーダーの方法は3ステップ。
パスタの種類を選択→ソースの種類を選択→ソースに追加する材料を選択。

 ワインは、オリジナルのラベルが付いていますが...
チリの大量生産されているワイン....

パスタは、手作り感満載の厚いパスタですが、もちもちのアルデンテ!
ソースも美味しいし、種類も自分で選択できるので、とっても勧めです!
私のオススメは、ほうれん草とリコッタチーズのラビオリに、
クリームトマトソース(ブロッコリー、トマト入り)!

キトから車で20-30分の場所にあるのが難点だな...
と思っていたら,家の近くのイタリアンレストランが最高だった!
と再発見、次回はそのイタリアンレストラン
「La Briciola (ラ・ブリシオラ)」をご紹介。


*今回紹介した「ewe」レストランの目の前に、
美味しい手作りアイスクリームやさん「La Paleteria(ラ・パレテリア)」
があります!





中南米・訪日旅行 旅のアレンジ by
SUR Experience (スール・エクスペリエンス)
Facebook: surexperience / Twitter: SURJAPON / Blog: sureperience
お問い合わせ info@surexperience.net

11/08/2017

キト人らしい連休の過ごし方- Tonspa(トンスパ)、Same(サメ)、Mompiche(モンピチェ)へ

11月2/3/4/5日は、連休でした。
*11月2日:死者の日、11月3日:クエンカ独立記念日、11月4/5日は土・日曜日

国外に出て周辺国をもっと知りたいところですが、
すっかり連休になることを忘れておりました。
しかも、急に国外に出たくても、子供と片親で国外に出るには、
子供の父親の許可書類を作成しなくてはならなくて...
(弁護士通して資料を作り、公証人役場に行ったりと、
都度面倒臭いのです...)

そこで、キト人らしい連休の過ごし方(多分).....
Playa (ビーチ)に行ってきました!

今回訪問したのは、赤い丸のエリア、
Tonspa(トンスパ)、Same(サメ)、Mompiche(モンピチェ)
キトから車で5時間ほど、一気に海抜2800mから0mへと。
洋服も、長袖セーターから半袖へ。
海岸へ到着次第、まずはシーフードを!
コンチャ・アサード(concha asado : 香草やにんにくなどをつけて
ローストした貝)をいただきます。
キトでは新鮮な魚介類が手に入りにくいので...

到着したTonspa(トンスパ)は、かなりの人..なので、
Same(サメ)のビーチへ。
ここはCasa Blanca (カサ・ブランカ)という
別荘エリアがあり、小高い海辺の丘の斜面に
真っ白い家々が並び、見た目にも素敵です。
そして、ここでもシーフード。

ビッチェ(Viche)というシーフードスープは、
食用バナナを茹でて潰したものに、
ピーナツペーストを混ぜたものがベースの
何とも言えない美味しいスープ。

ビーチベッドを1ドルでレンタルして...
3ドルのカクテル...10ドルもあれば、ビーチを満喫。
流石エクアドル。

翌日は、2時間ほど車で南下してMompiche(モンピチェ)へ。
この日は満潮。
みるみる浜辺が海に隠れていきました...
長いビーチが見えてくるのは、深夜なんだとか...

この浜辺には、漁師さんたちの小さな船が何隻もあり,
新鮮なシーフーフドがここでも食べられます!
そして、船が空いている時には、
1人10ドルで、近くの湾まで船で連れて行ってくれます。

オールインクルージブホテルのデカメロンの前を船で通過、
マングローブの下には、貝がうじゃうじゃ。
そして岩肌には、小さなカニが..


シーフードを食べて....ビーチでまったり。
最終日は、渋滞を避けて朝食を食べたら、
早めにキトへ向かいます。

途中、ミンドの街手前あたりで
再び長袖に着替えて、昼食。
ここでの選択は、もう海のシーフードがメニューにありません...
シーフードといっても川魚、そしてお肉です。

中南米・訪日旅行 旅のアレンジ by
SUR Experience (スール・エクスペリエンス)
Facebook: surexperience / Twitter: SURJAPON / Blog: sureperience
お問い合わせ info@surexperience.net