12/08/2019

エクアドル・キト日本人会の忘年会

<2019/12/08>
もう何年、エクアドル・キト日本人会の忘年会に参加したんだろう...
エクアドルが第二の故郷となるとは...
本当に感謝してもしきれない..

日曜日は、2019年エクアドル・キト日本人会の忘年会でした。
毎回、キトのホテルのバンケットでしたが、
今回、キト郊外のクラブハウス。

遊び場や、ちょっとしたGranjaまであって、
子連れにはとっても参加し易くて、ありがたかったです。
駐在の方が増えて、子供も増えて... 嬉しい限り。
娘も、同年代の女の子を見つけて嬉しそうにくっついて歩いてました。

そして、毎年、娘の楽しみは、こちらの女性に会うこと。
昨年、自分のおばあちゃんと思ったようで、
こちらの女性を見た瞬間、走って抱きついて行ったのでした.. .
それから、こちらの方にお会いするたびに、嬉しそう。
今日もすぐに膝の上にちゃっかり早速座っておりました。

本当に、皆な優しくて素敵な方々ばかりだな〜。
と改めて感じた1日でした。

日本往復航空券が当たった 田辺農園の○○さん、
おめでとうございます!


中南米・訪日旅行 旅のアレンジ by
SUR Experience (スール・エクスペリエンス)
Facebook: surexperience / Twitter: SURJAPON / Blog: sureperience

お問い合わせ info@surexperience.net





12/01/2019

エクアドルEl Ángel (エルアンヘル)ーずっと行きたかった天使の森へ

<2019.12.1>
エクアドルは、既にいろいろなところを訪れておりますが、
ペルー国境近くの南部と、コロンビア国境近くの北部はまだ...
今回は、コロンビア国境近くの北部のEl Ángel エル・アンヘル;
「エンジェル 生態保護区(Reserva ecologica El Angel)」へ。

Webガイド記事にもしました↓
エクアドルの奇妙!?で神秘的な“エンジェル”の森とポリレピス・ロッジ



標高3400-4200m.
富士山ほどの高さのこの場所に現れる高地湿原。
この保護区には、フライレホン(Frailejon)、
別名エスペレティア(Espeletia)というヒマワリ科の多年生の低木が
一面に広がり、何とも不思議な景色。

首都キトから北上すること5時間の場所にあるので、
新米ドライバーとしては少し不安...
と言うことで.. 
前日は、車をチェックしてもらい... 
当日は、ちょうど弊社のEl Angelへ行くツアーバスが出る日
だったので、バスの後ろからついていくことにしました。
(これで道を間違えることも無し... )
エル・アンヘルの街に着くと、メインのプラザは、
"不思議な国のアリス"ばりの刈り込みがされた庭園が... 
他の場所にも数カ所このような庭園がありました.

それから、この街でトラックタクシーが.. 
「今日は道が危ないよ...伴走しよう」と言ってきたら要注意。
かなりガタガタ道なので、伴走してもらうと安心ですが、
特にいつもと変わらない道でも... 30ドル取られます。

ここからは、舗装されていないガタゴト道を約1時間かけて、
「エンジェル 生態保護区(Reserva ecologica El Angel)」へ。


到着してみると休日ですが、私達のグループ以外は誰もおらず...
本当に不思議な世界が広がっていました。

一面に広がるこの奇妙な植物は、フライレホン(Frailejon)、
別名エスペレティア(Espeletia)というヒマワリ科の多年生の低木。
こんな高地でも成長し続ける秘訣は、フライレホンの葉にあります。
羽毛のような毛に覆われた葉は、
古くなっても落ちる事なく幹を寒さや乾燥から保護する
重要な役目を果たしているんです。
また、1年に1-2㎝しか伸びないと言われるフライレホン。
こには10mもの高さのものまであるので...この森の歴史も驚きです。


今回の目的は、この保護区の入り口にある。
ポリレピスの森の中にある、「ポリレピス・ロッジ(Polylepis Lodge )」
に宿泊することでもあります。
エル・アンヘルの保護区の中にも見られるのですが、
茶色い紙の層で覆われた様な幹を持つ ポリレピス(Polylepis)の木。
この木が生茂る中に、素敵なロッジ「ポリレピス・ロッジ(Polylepis Lodge )」
があると言うので、行ってきました。

今日は満室と聞いていたのに... ロッジの入り口は静まりかえっていて...
扉もどこを入ればいいのか...
大きな1枚扉を開けてみると... とても素敵なロビーが!

そしてこのロビーを奥まで進むと.. 暖炉。
その奥には、ミニ博物館らしきものもありました。


今日は満室で、やっととれたスタンダードルーム。
は、こんな感じ...
この他、バス・トイレ共有のお部屋から、スイートまでバリエーション豊か。
スイートには、森ビューのジャグジーがついております。
(*写真はポリレピス・ロッジより)

宿泊料金には夕・朝食、森のトレッキング、
そしてロッジに併設するスパ入場料込み。

スパは、その充実ぶりに驚きます。
スチームサウナ、ドライサウナ、箱蒸し風呂、そして高温のお風呂。

実は、この日、グループが宿泊していて、
お湯がストックアウト... シャワーからお湯が出なかったので、

こちらのお風呂が助かりました..



レストランは、川の上に建てられていて、
窓から、ガラスの床から...
至る所から川の流れを楽しみながら... と言う感じ。

夕食はこちらにデザートとドリンクがつきます。

朝食は、ビュフェではなく、卵の調理方法が聞かれる個人サーブスタイル。

朝食後、私達は少し散歩して終わりましたが、
通常は、ガイド付きのトレッキングプログラムがります。



帰り道、クイコチャ湖とオタバロへ立ち寄り、キトへ。



中南米・訪日旅行 旅のアレンジ by
SUR Experience (スール・エクスペリエンス)
Facebook: surexperience / Twitter: SURJAPON / Blog: sureperience

お問い合わせ info@surexperience.net

11/28/2019

エクアドル・キト物件『Yoo』と『Oh』

<2019.10.28>

エクアドル・キト...
空き部屋が目立つのに、ビルの建設ラッシュは止まらない..


宣伝にお金をかけすぎる...
壁が薄い...部屋が狭い... 政府からの....
なんて話も耳にしますが...
そして、エクアドルに来た時からいろんな家を見てきていますが、
やはり、ちょっとミーハーな私は、見た目と共有スペースに重点を置いている
"Uribe & Schwarzkopf"のビルに目が行ってしまいます。


結局、決めたのは.. 
プールとジムがあって、キッズクラブが充実しているマンション。
その後も、この建設会社の担当者にいろんなビルを見せてもらっています。

本日も、もうすぐ入居開始の"Oh(オー)"を見せてもらいに行ってきました。


デザイナーMarcel Wanders氏の作品だけあって、お値段もお高め.. 
前回見せてもらった"Yoo (ヨー)  Quito "の方が、好きだな〜。
まだ2部屋売り出し中というので、またYooをみせに行かせてもらいました。



素敵... 絵になります... 
でもやはり、住むには今のマンションのAtelier(アテリエール)
が使い勝手がいいし、満足してます。
その後は、私がキトに来た当初に購入したロフトのマンションへ。
ただ今、貸し出し中。

中南米・訪日旅行 旅のアレンジ by
SUR Experience (スール・エクスペリエンス)
Facebook: surexperience / Twitter: SURJAPON / Blog: sureperience

お問い合わせ info@surexperience.net